2006年04月30日

使い捨てから原点へ

大量生産、大量消費の時代は終焉を迎えた。生活には使い捨てのものが山ほど増え、ごみもあふれるほどになった。使い捨てのものといえば、カイロやコーヒーフィルター、コップ、皿、お箸、切符、おむつ、お手ふき、レジ袋、生ごみなど色々あります。
最近はこういうものも原点に振り返って、物を大事にしようという動きが始まっています。スーパーに行けばMyレジ袋を持参すれば割引になったり、切符は無くなり磁気カードに、お箸はMyお箸に、紙おむつは布おむつに、生ごみは肥料にと代わりつつあります。

DSCF4688.jpg

その中でもコーヒーフィルターがリネン(麻布)のものがあります。三島郡島本町にある雑貨店「アンジェラ」のオリジナル麻布コーヒーフィルターです。今このフィルターが「北摂の暮らしかた」という雑誌を買えばもれなくついてくるのです。当社はこの雑誌の141ページ掲載。
リネンは乾きも早く、取扱いがとても簡単で、使えば使うほど愛着がわき、環境にもやさしい。これがコーヒーを入れてみると意外と後味もほのかに甘く、ブラックでも大丈夫。デザインは4種類あります。各630円。
posted by 袋谷 at 11:16| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17215152
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。