2005年09月26日

アルカリイオン整水器は管理医療機器

先日、医療機器販売管理者講習会というものを受けてきました。
これは薬事法の改正に伴うもので、医療機器を販売するために管理医療機器営業管理者を置くことと、販売店の届出をするのですが、医療機器を含めた建物を建てる場合や、建て売りや分譲などの1棟売りするためにも必要になってきます。

それで、医療機器が建物に組み込まれているというのは病院とか診療所だけだと思いますが、実はアルカリイオン整水器(管理医療機器(家庭用電解水生成器))も対象になってきます。これはシステムキッチンに組み込まれたものも対象になり、当然その生水器のメーカー、機器の代理店、機器の問屋、設備業者、工務店とその機器の最終消費者に渡るまでの全ての会社、全て営業所毎にこれらの管理者を置く必要が出てきます。

この目的は正しい販売と消費者へのサービス充実、又売って終わりという体質の改善、アフターサービスの充実を目的としていて、最近様々な浄水器が横行しており、消費者が迷うケースが多々増えているということと、販売規制強化により、悪質商法や販売による業者の排除も狙いにあるようです日本ホームヘルス機器協会
posted by 袋谷 at 10:07| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。